うさぎの飼い方【うさぎとストレスなく仲良く暮らす生活】

こんにちは。
ラビー編集部のトミ子です。

 

今日はうさぎさんと仲良く一緒に暮らしていくためにすべきことを書いていきます。

 

うさぎはストレスを感じやすい動物でもあるのでうさぎとストレスなく仲良く暮らしていく方法について書いていきます。

 

これからうさぎを飼おうと思っている方へ参考になったら幸いです。

 

うさぎのストレスをなくすためには?

DSC_0874

朝と夜にケージの掃除のために部屋に放します。

うさぎが撫でて欲しいときは自ら寄ってきて、私の足や手を鼻でツンツンしてくるので撫でてあげます。

風船で遊ぶことがあるので、風船を近くに持っていくと追いかけたり風船の周りを回ったりして遊んでます。

うさぎの性格によりますが、のんびりと過ごしていることが好きな子もいますし、走り回って遊ぶことが好きな子もいます。

その子の性格を考えて遊んであげましょう。遊んであげることでストレスを解消してあげることができます。

 

うさぎに与えるごはんは?

餌はラビットフードと牧草(チモシー)をあげてます。

最近は牧草の塊を食べるので時々あげてます。

野菜はいろいろ試しましたがキャベツしか食べないので、たまにキャベツをあげてます。市販のおやつはあげても食べなかったのであげてません。

うさぎは1日の中で何かを食べていないと体調を壊してしまいますので、牧草などはいつでも食べれるようにしてあげましょう。

 

 

うさぎの入浴に関しては?

うさぎは基本的にお風呂に入らなくても良いですが、便でヨゴレることがあり、週一で入れてました。

最近は汚れているときのみ、汚れた場所だけ洗ってます。お風呂があまら好きではないみたいなので。

洗面所にお湯を溜めてうさぎの用のシャンプーで洗い、洗面器にお湯をいれシャンプーを流してます。そのままお湯を抜きドライヤーで乾かしてます。

うさぎは自分で体を舐めて綺麗にする動物なので基本的にお風呂は入れなくても大丈夫ですが、汚れたところは部分的に拭いたり、洗ってあげると清潔になりニオイは無くなります。

 

 

うさぎを飼うためにかかる毎月のお金は?

牧草は月に二回くらい買ってます。ラビットフードは月に一回、トイレや掃除道具で月に3000~4000円くらい使ってます。ですので基本的には月3000~4000円くらいで済みます。

ですがうさぎの健康を気遣うなら毎月検診に行ってあげると良いでしょう。健診に月に一回500円~2000円、爪切り500円です。

ですので、合計で月5000円~7000円くらい使ってます。

 

 

うさぎのニオイ対策について

基本トイレで排泄してくれればあまり臭いはないです。時々トイレではなく他の場所でしてしまうと匂うので、気づいたときはすぐに片付けるようにしています。

芳香剤も使いましたがあまり効果は無かったです。特に柔らかい便が匂うので、すぐに片付けてます。

うさぎの糞はあまり匂わないのでそこまで臭いという感じはありません。

 

 

うさぎのケージについて

DSC_0721

ケージは10000円位のを購入しました。

買ったときはトイレと水飲みがセットになっていました。引き出しタイプで掃除がしやすいです。餌いれと牧草を入れるケース、ケージに入れる小屋を別で買い使用しています。

うさぎは大きくなるのでサイズは80くらいのをお勧めします。

 

 

うさぎのトイレについて

出典:https://usagi1.com/newnetherlanddwarf/toiletoboe.html

 

三角でケージの角に置けるものを使用しています。トイレに紙のシートを敷いて、その上に木のタイプの物を入れています。

シートと併用しているので木の物は少な目に入れています。シートは汚れ具合によって取り替えています。

 

 

旅行にいくときの対策は?

日帰り、もしくは一泊でも24時間程度であれば自宅で留守番してもらいます。餌を多目に入れていきます。

それ以上長くなると購入したペットショップのペットホテルに預かってもらいます。実家への帰省の場合はケージごと車に乗せて連れていきます。

うさぎはさみしがり屋なので長期間一人ぼっちにさせることはできません。1泊以上の旅行ならペットホテルか信頼できる方に預かってもらいましょう。

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

うさぎの飼い方《はじめてのうさぎさん》お風呂は基本入れません

うさぎとの上手な付き合い方

最低限知っておきたい!うさぎの飼い方知識!【ミニウサギ編】

【ホーランドロップの飼い方】下痢をしてしまうため水分の少ないエサをあげています。

うさぎの飼い方【うさぎは野生動物に近いことを理解しよう】

あと少しで食用にされていたウサギを飼ったお話【野生ウサギの飼い方】