初心者でも簡単!ウサギの飼い方

こんにちは。
ラビー編集部のトミ子です。

今日はうさぎのしつけ方法などについて書いていきます。

うさぎは頭の良い動物なので上手にしつけをすればなついてくれますし、トイレもちゃんとしてくれます。

 

うさぎと仲良く暮らしていくコツを書いていきますね。

 

うさぎとの遊び方について

ウサギは意外に頭のいい動物です。

慣れてくれば名前を呼ぶと近寄ってきてくれるようになる場合もあるし、気に入ったおもちゃがあれば遊び方をすぐに覚えます。

我が家のウサギは遊ぶというよりも撫でてもらうことが好きなのでゲージから出すと自分からトコトコ「撫でて~」と寄ってきます。

優しくなでることでウサギとのコミュニケーションをとっています。

 

 

うさぎが喜ぶエサは?


ウサギのごはんは基本的に牧草です。

牧草には種類があり、チモシー・アルファルファ・バミューダが主な牧草としてあげられます。

我が家のウサギはチモシーとバミューダを主食としており他にペレットというウサギのドライフードを1日ひと握りほど食べています。

野菜はあまりあげ過ぎないほうがいいのでニンジンの皮をおやつ程度にあげています。

 

 

 

うさぎのお風呂について

ウサギをお風呂にいれることは基本的にありません。

ウサギは綺麗好きな動物なので体が汚れるということは基本的にありません。

無理にお風呂に入ってしまうと耳に水が入ってしまう可能性もあります。耳は乾かすのが難しく病気になってしまう可能性があります。

ウサギは小動物なので体温も下がりやすくお風呂上りに湯冷めすることで風邪をひきやすくなってしまいます。

ですのでうさぎはお風呂に入れなくても大丈夫です。汚れたと思う場合は、部分的に洗ってあげるか、拭いてあげるだけで清潔になります。

 

 

うさぎを飼うためにかかるお金について

ウサギにかかる費用は1月で2~3000円ほどです。
ほとんどが牧草を購入するためにかかるお金です。

牧草も余っていれば次の月はあまり購入する必要がないので驚くほどお金がかかるということはまずありません。

ウサギは特定の予防接種などもないので病気にならない限り動物病院に行くこともほとんどありません。

しかし、年に1回は健康診断に連れて行ったほうがいいので、その費用は掛かります。

 

毎月検診する人もいますし、年1回検診にいく人もいますが、私は年1回連れて行っています。

 

うさぎのニオイ対策はフンをすぐに処理すること

ウサギの匂いはほとんどありません。

食べているのが牧草なのでウサギ自体はもちろん排尿や排便もほとんど匂いません。

同じ部屋にウサギがいてもウサギの匂いを不快に感じることはまずないでしょう。

匂いはないと言っても排尿・排便をそのまま放置しておくのは不衛生なので毎日ゲージの掃除が必要です。

 

 

うさぎのケージについて

ウサギのゲージはある程度広さがあるものが必要なので16000円のものを購入しました。

値段はゲージによって変わりますが、値段の安いゲージだと広さが十分でない場合があります。

ウサギが動き回ることのできるサイズのゲージを購入したほうがいいでしょう。

 

 

うさぎのトイレトレーニングについて

ウサギはトイレを覚えることのできる動物です。

最初の慣れないうちはいろいろなところでしてしまうので、ゲージにペットシートを敷いておくと掃除が楽になります。

慣れてくると場所が安定するので、我が家では三角ラビレットというウサギ用のトイレを使用しています。

 

旅行に行くとき、すべきこと

旅行に行く時には可能であれば連れていきますが、連れていけるような場所じゃない時にはペットホテルに預けます。

ゲージにウサギをいれて移動するのは大変なので送迎付きのペットホテルを利用しています。

ウサギを預かってくれるホテルは意外と少ないので自宅の近くにあるのか確認してからウサギを飼うことをお勧めします。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ライオンラビット 飼い方】うさぎの食事事情「大好物は果物?」

我が家のうさぎ【もりもり食べるライオンラビット♪】

うさぎの飼い方【初めての人でもうさぎは飼いやすい!】

最低限知っておきたい!うさぎの飼い方知識!【ミニウサギ編】

うさぎの飼い方《はじめてのうさぎさん》お風呂は基本入れません

うさぎの飼い方【ネザーランドドワーフとの生活はこんなに楽しい!】